仕事時間に注意|メイド喫茶にガールズバーにキャバクラ、体験入店してから働こう

メイド喫茶にガールズバーにキャバクラ、体験入店してから働こう

仕事時間に注意

自宅で休日を満喫する人

キャバクラやセクキャバの仕事というのは稼げる仕事ではありますが、人によっては「夜の仕事」というイメージが非常に強く、挑戦してみたいけれども勇気を出せない、という人もいるかもしれません。
その様な人はもう少し気楽に働くことができる店舗である、ガールズバーでの仕事に挑戦してみませんか?

ガールズバーは川崎のような歓楽街、そして繁華街にも多く店舗を構えているバー形式の店舗です。
この店舗の特徴はスタッフを全員女性で構成しているという点で、他の高収入求人と比べると非常に働きやすい環境で仕事をすることができます。
そしてこの仕事最大の特徴は「接客は最低限でOK」という点です。
キャバクラやセクキャバのような仕事というのは接客を行う際にお客さんと同じテーブルについて話をする必要があります。
ですが、ガールズバーは法律の関係上そのような接客を行ってはいけないと定められているのです。
なので、接客の一環として話をするのはカウンターに座っている人に限定されており、それ以外の人とは注文を取るときなどに一言二言会話をする程度で大丈夫なのです。

その為、あまり人と話をするのが得意ではない人でも非常に働きやすくなっています。
ですが、このガールズバーはキャバクラと違って「深夜12時以降も営業が可能」という特徴もあるので、仕事を始めると場合によっては「夕方から始発まで仕事をして、家に帰って一眠りして次の日は終電から始発、その次の日は夕方から終電……」という風に、生活リズムが狂ってしまうようなシフト二で働く必要が出てくるかもしれません。
その為、仕事を行う際は「営業時間とメインの勤務時間」というのをしっかりと確認した上で働くようにしましょう。